ホーム>  ピカピカおじさんに会ってきました♪

ピカピカおじさんに会ってきました♪

2022年06月17日

先日、別府駅でとある方と知り合いました!!

 

別府駅前の銅像がなんたが可愛くて真似して撮ったりしたものの

『油屋熊八(あぶらや くまはち)』って何者?って

眺めてたら 友達が裏側の銘板に気付き

面白い人だよと教えてくれました♪

凄いアイデアマンであることを知りました。

そして、明治の終わり頃から昭和の初期にかけて別府や湯布院を有名にし、

温泉県大分の礎を築いた別府では偉大な実業家であることも知りました。

 

『湯のまち別府を全国にアピールし、奥座敷ゆふいんを開発した温泉観光の祖であり、

現在の別府亀の井ホテルや 亀の井バスを設立し、

日本ではじめて女性のバスガイドさんが案内する

「温泉地獄めぐり」の観光バスを運行したり、

その他温泉マークを別府温泉のシンボルマークとして一般に広めたりと

当時はだれも思いつかないような奇抜なアイデアをつぎつぎに実行し、

別府の名を全国区に押し上げた人』

なのだそうです。


マント姿で両手を挙げるひょうきんなポーズの像は、

天国から舞い降りた熊八が、まさに着地するところを表しているそうです。

像にくっついてる子供は、別府地獄めぐりの鬼の子供だそうです♪

 

そして台座には『ピカピカおじさん』と書かれており・・・

由来は子どもが大好きで童話や歌、演奏を聞かせたり、

子供たちを楽しませるために度肝を抜くようなイベントをやってみたりと、

サービス精神にあふれた人であり、

しかも、この方は子どもたちにあうときは

「ピカピカのおじさん」と名乗るなど、

とってもハートフルな人柄で、

今でも地元で絶大な人気を誇っているのだそうですよっ♪

 

日本を代表する温泉県大分の

すてきなピカピカおじさんに会ってきたというお話でした♪

 

久木原

コメントをどうぞ